2017年12月 9日 (土)

アタリ

必ずと断言してもよいが、すべては死との関係から始まる。
誰もが遅かれ早かれいつの日かこの世を去る。
古今東西の文明は、すでに述べたように、すべては死に意義を与えることから始まった。
今現在を最後だと思って生きる。
これらを自覚できるのなら、病気などの苦難に遭遇しても平静を失うことはない。
そのように考えることができれば、死を恐れる必要はない。
そして条件が整えば、誰もが他者の感謝の念の中で存在し続けることができる。
この世において各自にあてがわれた時間は非常に短い。だからこそ、その時間を最大限有効に利用しなければならないのだ。
心身ともに健やかでありながら充実した人生を送る手段を身につけるのである。自分でなくてもできるようなことは、仕事でもプライベートでもなすべきではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

続ニューカムのパラドックス

普通に考えれば誰もが両方の箱をもらうだろうが、前提として、箱を置いた超知的生命体は未来を予測することができて、あなたが両方の箱を選ぶと予測した場合は箱Bには何も入れず、箱Bのみを選ぶと予測した場合は箱Bに1億円を入れておく。はたして、どちらの箱を選べば最大の利益を得られるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューカムのパラドックス

問題: 超知的生命体が置いた、箱A、箱B、と2つの箱がテーブルの上にある。箱Aの中には、現金100万円が入っている。箱Bの中には、現金1億円が入っているか何も入っていないかのどちらかである。箱Bに1億円が入っているのかどうかを確かめるすべはない。あなたには次の2つの選択が与えられている。

・ 箱Aと箱Bの両方の箱をもらう。
・ 箱Bのみをもらう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

仏陀が微笑んじゃ、そんなん意味ねーよ

ささ、ささっと、ね、音楽でもやりますか。
オレはオレやってる音楽好きだ。

ってな感じで始めた音楽。 だけどねステージに立てば立つほどあんたらの意見なんてもんまで見え始め、千里眼なんてもん持ち合わせてないにも関わらず勝手に気持ちだなんてもんが客席から見えて来て、
うっぷ
ああ、どう?
オレの音楽?好きかい?
へっへへ。
などなど。
肝心なおまえの心はどこよ?
薄くて見え隠れしちまってんじゃないんかい?
自分の心を鬱陶しくなるくらい追いかけなきゃ意味ないね。

女に好かれなきゃ汚ねぇ顔だなんて一生思わなきゃいけないのと一緒よ、一緒。
そんなの仏陀にあげる団子が糞まみれで、こんなんもんしかありませんか、どーぞ、どーですか?ふふふのふ。

そんなこんなん只今、レコーディング中。
なかには気に入る楽曲あったら嬉しいじゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

ぐわっと渾身の力でヤりきろう

普段日常にて使わん単語ばかり出てくるDTMデスクトップミュージック。
全く良くわからん状態から突き進んでいるものだからネットにて、ああだこうだ調べあげパソコンでタッチ!するのだけどその前!その以前のことでひっかかっちまう。
さすがにそこでひっかった奴は見たことないですぜ、旦那。ひっひひひ。
くぅ、イラつくパンコン野郎だぜ。

ってなことでネットで調べても簡単過ぎて書いてないという、このオレの、機械オンチによりBIGスパレコーディングがなかなか前に進まんさ。

それによる連鎖が連鎖を強め、我が人生苦難の日々。
ま、そんなんこともあるもんな 続

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

ちんどんどんきち

あっちゅう間に2017年になってやしないかい?
この前に書いた文なんてのは2016年に生きてたオレが書いてた文なもんで、、

ああ、時が経つのってのは早いものさ。
毎朝、ラジオ体操をかかさず逆立ちをかかさず生きて行こうなど、チンケなことを考えながら生きてっからいつの間にやら2017年ってな年になってやがるのだな。
ふふん、そうかそうか。

しかしスタジオには入りこんではいるのでしょ?
水面下、水面下での活動はやってんいるのだね?


なんて質問はどうでしょう?
妥当でしょうか?
このオレに対する質問にしては妥当でしょうか?
いやいや、まあ、そういったトコでしょう。

では、お答えしよう!
活動してるさ!!そして毎週ちんどんちんどんしながらレコーディングしてるさ。
音源出来てから、
畑に行って、
「ああ、毎日御苦労様!いやいや、暑いでがんすね~」
などニンマリ笑って、
それから人参かじってライブでもやりますさ!


そして最大の謎を解き明かそう。

写楽の正体がわかったって(笑)?

斎藤さん、どうなんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

人の劣化を営む悪魔

まったくもって仕事が奪われ続け、オレのやってた仕事もとうとう奪われちまったよ。
何をやってたって?
はは。
もうそれを言うのも恥ずかしいくらいチンケな仕事ですよ。
でもな、でもよ、このオレだって必死だったんだよ!
子供と女房を食わせていかせる為に毎晩遅くまで働いてさ。
そしてゴマをすっては仕事をもらい、これまた上司が変わればゴマをする。
日常さ。
ゴマをするのが日常なんだよ、オレのよ!

ふん、ゴマをするという意味がわからん?
あちゃ~あちゃちゃ。
そこから?
あんちゃんそこからですか?
ったく、これだからよ~今の若い奴らには参ったよ、参りすぎて、まいっちんぐマチコ先生だっての!

へ?
まいっちんぐマチコ先生がわからない?
おいおい、えびはら武司先生の描いた究極のエロギャグ漫画だぜ。

ま、知らなきゃ知らんでええわい、んなことは。
さ、話を戻すとして、何だっけ?
アぁ、あぁ、ゴマをするということがわからないってことね。
で、どうする?
言葉で聞きたい?それとも実戦してやってやった方がわかりやすい?

よし、まぁではやってやろう。
このゴマすり営業歴20年のこのオレがたかだか20年くらいしかこの世に生きていない君へ。

よし、待ってろ、、はぁはぁ、今からやってやっからな。よし、行くぞ。

「あ、あ、あなたのそのシャツの色、いい色ですねぇ、いや~やっぱりそのシャツを着こなすってのは難しいのでは、、と見受けられるのですが、それを、なんなく着こなしそしてそれをカッコ良く見せる!!正に神業!!いや~凄い、なので、本題に戻ってこの僕に仕事をくれまへん?」

と、こういうこった。
どうだ?わかったか?
おいおいさっきからスマフォばっかいじりやがって、これだから若い奴はろくでもねぇんだよ。
ん?なに?ゴマすりの意味を調べたって?
なんだよ、なんだよ、おまえ、そしたらいってみやがれ!

〈人の気に入られるように振る舞って,自分の利益をはかる。おべっかを使う〉

ほほう、だから?
で?
なに?
おじさんをバカにしてるのか!?
ああん!
そんなんだから仕事がなくなるんだって言いてぇのか!この野郎!!
仕事が無くなったのはオレだけじゃねぇぞ、この野郎!!ロボコンにかかわる奴らばっか仕事やりやがってよ!!
こうなりゃ腹切って見事に散ってやんよ!
切腹よ切腹!!
よーし、介錯人は任せた!!いざ切腹じゃい!!
って、何?何よ?
介錯人の意味がわからない?
こーの野郎!!

などなど陳腐な話は棚に置き、未来になっては仕事がない。
覚えに覚えまくった技術はすべてパソコンもしくはAIでやれてしまう。
そんなことはもはや時間の問題であることは明白なことである。
ドバイでは3Dプリンターだけを使いビルを作ってしまった。
Gergawi大臣によると、ドバイでは2030年までに全てのビルのうちの25%を、3Dプリンターで建設しようと計画しているようだ。
そりゃ、こんなん出てきたら仕事なんかなくなんぜ。
建築だけの問題ではなし。
これからはこういったことを操る人のみ仕事があるという時代が必ずや、やってくるであろう。
ならば頭を使ってなんか仕事なんてやれねぇよ、アホんだら。
そういった輩は死ねというのかというとそんなことはなく、じゃあどうすればいいのかというと、そこで出てくるベーシックインカム制度。
まだまだ改善していくだろう、この制度。


ベーシックインカム制度というのは、最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想。

賛否両論あるが。

働かざる者食うべからずといった日本の頑固親父が言いそうな台詞は一先ず置いとき、仕事がなくなったのはコンピューターがやってくれているのだからコンピューターが操れる人が仕事をやりそれをやれない人は仕事ではなく違うことで人生を謳歌してもいいのではないか。


人類皆兄弟。
この考えが無くなってしまっては人類繁栄は永続的には続かなく、仮にAIに地球を乗っ取られた時にみんなでAIからこの地球を奪い取るぞ!取り戻すための戦争じゃ!
なんて言い出しても人類の大半は仕事がなく腹へり、そのまま餓死。
その為、全地球人類数1500万人のみ。
がちょーん。そんなんじゃAI軍には勝てません!!
ありゃ~。くぅ。

やっぱり現場仕事をやってた屈強な野蛮な男達を生かしておくべきだった・・・。

そんなことになっても後の祭り。

金を産み出すのはコンピューターの仕事と考え、我々人類は仲良くコンピューターが反乱しないようにそれを操り、歌でも歌いながら楽しくやって行こうではないか!

昔の人は働くなんてことをしてたのか~。大変だなぁ、ってか無理!!
キャハハ!!

なんていう時代が来てもいいかもしれん。
資本主義の崩壊か。ふむむのむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

雨降りはハワイアン

人類皆兄弟などと言うが、オレはそんなん一切感じない。
何故?
ここ。
そう、ここ、ここが重要。

何故かというと、それはオレが地下へ潜る為にエレベーターに乗り、そして地下へ行ったら地下鉄に乗る、そしてそのまま勤務先へ行くのだろうと思いきや、そのままその地下に在住しているエロい奴だからでござんす。

そして何故、地下へ在住しているとエロいのかと言うと、下から上を覗きこむという行為を、そこから想像し、筋トレしてみては、またそれを想像。

人類皆兄弟でいいのであればそれはそれで良しとしよう!

勉強中ですか?
政治家の皆さん、しっかり勉強中ですか?
一番、死に物狂いで勉強しているのは地下に住んでる者であった。
あっぱれ!

肝心なタカラCANチューハイは買った?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

明日は国立地球屋へSUPER GO!

ライブが近くなるとブログばっか書き始めてしょうがねぇ野郎だなぁ、あんた。
一体、こんちきしょうが正体現しやがれ!

「へっへ、いいんでございやすか?」
「おっ、あんた強気だね」
「いえいえ、あっしはそんな身分じゃありやしませんよ。ただ、、、」
「ただ?」
「Googleの役員でやんす」
「で?」

ふっふ。
威張れる場所も今や残っちゃいねーやい。

5/27は国立地球屋でライブでござんす。
19時オープンで20時スタート

出演はKisekiとアナコンダとBig Spaghetti

DJも面白そだね

心が踊ると運気が巡って血が赤あかしてきていいんだぞ。
それと銅鑼を明日は雨だから持ってけないか~
銅鑼の音は女性の腰に効く。
そう中国4000年の歴史で学んだんで~嘘はないよ。
なんつっても中国4000年だぜ。
そしたら明日、国立地球屋で宜しく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

懺悔の時間を過ごす程、時間は少なく、踊れるなら踊ろう

5/27(金)に国立地球屋にて初ライヴ。
初ではないが二人組になってからは初ライヴ。

えぇ、と、まぁ、そういうことになりか。
初という響きは何ともいい響きでござる。

初=ヴァージン=恥じらい

この恥じらいというものに人間の男という生き物は酷く反応。
そしてこの反応を恋と勘違いをし、その恥じらいを起こしている相手に恋をしてしまうであろう。
それが女性であったのであれば恋愛、そして結婚、嫁は姑との格闘の末、我が子を手に入れ、我が物顔で歩き回る。
ああ、そうなってしまうもの。
女の命は長いが、女であり続ける時間は決して長くはない!

そんな母見て育ったA子はそんな女になることを嫌い、あたい娼婦になるといってきかなくなったのが中3の夏。
親は困りに困った。
我が子に女性の本当の幸せたるものを教えなければならない。
なぜ?
なぜってね、あんた。
やっぱ所詮はあんたも他人さ、他人。
他人事など興味もないでしょ!!
どうさ、そうさ。
と思った時にハッと気づかされた人の人を思う気持ち。
他人は自分が思っているよりも他人に興味がないのでは?
もっと心配をしてくれているものだと思いきや、実は全くそんなことはなく。
利益のみ。
その利益を欲するが為に、人は生き生きと生きているのであって無利益で他人のことにせっせとお節介などするハズがない!
ちっきしょ~。
ああ、いやだいやだ。
こうなりゃ川に落ちて死んでやろうか!
ってんだい、バカ野郎この野郎。

とは思ったが死ぬのはどうなの?
など思い初めてからが早かった。
さっそく自分を心配してくれる人工知能を持つロボを作りあげ、
ああ、幸せだよ幸せだよ。
などノンビリ暮らしていると、
ピンポーンなどトボけたマイホームのチャイムがなり、
何事でっか?NHKならしっかり払ってますよ。
僕ぁ、そういうのはアンチでないんでね。ふっふふふ。
そんなことを思いつつ玄関から顔を出すとスーツを着た偉そうな人たちが、
あなたのロボを買いたいなど抜かしてきやがる。
せっかく自分のことをしっかり考えてくれる可愛い可愛いロボを作りあげたのにそれを売れ!?
売れだと!!
帰れ帰れ帰れ!
といい放ち帰らせるがその後、その会社は我がロボ欲しさに自分の秘密にしている性についてズラズラズラズラ書き上げあらゆる壁に貼るもんだから、それだけは止めてくれってな話になり、ロボを手放したのさ。
あ~あ。

おっとと、
Big Spaghettiは新鮮なる中毒性あり
踊らせよう!心から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«音楽スタジオへ行く前の思考